美大はお金持ちが行くところ。そんなイメージ捨てたほうが良いですよ

美大受験について知りたい

 

どうも、@Shunです!

 

美大の話になると、
どうしてもお金の話が出てきますよね。

 

理由の一つとして、
学費がめちゃ高いという点が挙げられると思います。

 

世間一般からしても、
美大はお金持ちのお坊ちゃんや、
お嬢様が行く場所という
イメージを持っている方も多いですよね、、、

 

でも、実際はお金持ちじゃなくたって
美大に行くことは可能だし、
お坊ちゃんやお嬢様のような人は、
あまり見たことありません。笑

 

この僕が断言します!

プロフィールを見て頂ければその理由が分かるので良かったらどうぞ。

 

それでは、
お金がないから諦めるのはもったいない!
ということについて詳しくお話していきます。

 

でも正直な話、そこそこお金持ちの人はいる

 

さっき、お坊ちゃんやお嬢様は
ほぼ見たことがないと言いましたが、
そこまでは行かずとも、お金持ちの人はいます。

 

お金持ちという基準が人それぞれ違うと思うので、
今回は「親が学費を全額払える家庭」
お金持ちと仮定することにしましょう。

 

美大の学費の例として、
ムサビの2019年度入学者の学費で計算すると、、、

 

学科によって数万円くらい金額が違いますが、
初年度は入学金を含め約190万円で、
2年次以降から160万円になります。

 

これを4年間の合計にすると、
約670万円かかる計算なので、
めちゃくちゃ高いです、、、

 

美大以外の文系私立大学の4年間の学費は、
平均400万円なので、
270万円も差が出ることに。

 

日本の平均年収は約420万円なので、
670万円という金額を払える家庭は、
僕みたいな一般家庭からするとお金持ちです。

 

そういう人たちが周りには結構いるので、
全くいないわけではありません

 

ですが、僕のように奨学金を利用して、
美大に来ている人も割合的には少ないですが、
ちゃんといますよ!

 

というわけで、
次は奨学金に関する話をしていきます。

奨学金を借りて足りない分を補う

 

続いては、奨学金を借りて足りない分を補う、
というお話していきます。

 

僕のようにお金持ちではない人は、
当然ですが奨学金を借りることになります。

 

ちなみに僕の場合は480万円を借りていて、
月々10万円ずつ振り込まれてくるものを、
学費の支払日まで貯めるという方法を使ってます。

 

あれ?480万だと全然足りなくない?って思いますよね。

 

実は親が学資保険というものに加入してくれていて、
高校を卒業すると約250万円が戻って来ることが分かっていたので、
そのお金と奨学金を合わせることで学費を払えるという訳です。

 

必ず250万円が戻ってくるとは限りませんが、
学資保険に入っている家庭であれば、
少しは学費に回すことが出来ます。

 

あと、入学すると大学がやっている給付型の奨学金を
受け取ることも可能ですが、成績優秀者のみとなっているため、
そういう方はしっかりと勉強しておくことが重要です。

 

奨学金をそんなに借りて大丈夫なの?

日本奨学金機構のHPに記載されているデータでは、
第二種で返済利率が1.0%とすると

・月10万円借りた場合(計480万円)、、、、、返済月額は2万2千円

・月12万円借りた場合(計580万円)、、、、、返済月額は2万7千円

という感じで働けば何とかなる金額ですよね。

 

最近よく聞く話ですが、奨学金を借りたはいいものの、
返済できずに自己破産というケースもあるらしいですが、
それって生活水準を上げ過ぎてるからであって、
下げて生活すれば何の問題もないと思うんですよ。

 

今ここにいるあなたは、
お金持ちではないけど美術を学びたい!
と本気で思っているからこそ、
この記事を読んでいるのではないしょうか。

 

でもやっぱり、返せなくなるんじゃないかと
不安になってしまう気持ちも分かります。

僕だって奨学金を借りるときは、
こんな大金ホントに返せるのか?って思っていました。

 

だけど、本気で学びたいという意思があれば、
単位が取れなくて留年になったり、
サボり癖がつくことはないですよね??

 

人はお金を払ったら元を取ろうと行動するし、
ましてや自分で500万円も借りてたら、
絶対に取り返そうってなりますよ笑

 

いや、それは何とも言えない、、、
っていう人はマジでやめておいた方がいいです。

 

そんな曖昧な気持ちで行くと、
多分、挫折すると思うので。

 

正直、まじめにムサビで生活を送って、
しっかりと学んで成績を残すことが出来れば、
就職出来なくなることなんて滅多にないらしいです。

 

ムサビはネームバリューもありますし笑

 

まとめ

 

今回僕が言いたかったのは、
それなりの覚悟を決めて奨学金を借りれば、
平凡な家庭でも美大に入れるということ。

 

そして何より、一度しかない自分の人生なのに、
本当にやりたいことを諦めて後悔しませんか?
ってことですよね。

 

僕自身、お金のこともそうですけど、
その他の事情もあったので父から猛反対されてました。

でも諦めずに何度も説得した結果が今に繋がっているし、
たまに金銭面で不便だと思うことはありますけど、
充実した大学生活を送れているのでホント良かったと思っています。

 

というわけで以上となりますが、
皆さんも頑張ってください!
応援してます~!!

 

では、また次の記事で!

コメント

  1. […] 美大はお金持ちが行くところ。そんなイメージ捨てたほうが良いですよ ど… […]