美大受験では必須!6時間で油絵を完成させるコツ(油画編)

油絵のコツ

どうも!@Shunです。

 

今回は油彩を6時間で完成させるコツについて、
話していきます。

 

美大の実技試験では、
6時間という壁にぶつかると思います。

 

中には余裕だよ!という方もいると思いますが、
ちょっと短すぎじゃない?と思っているかたも多いのではないでしょうか。

 

僕自身も、とにかく描くのが遅かったので、
講評まで完成しないことがほとんどでした。

 

どんなに良い絵を描いていても、
受験では完成していないと評価は下がり、
最悪の場合は点数を付けられず、
失格という残念な結果になってしまいました。

 

そんなの嫌ですよね?

 

そこで今回は、絶対に完成する「手順を踏んだ描き方」
というのを紹介していくので、
是非最後まで読んでみてください。

 

全部で6つの手順があるので、
下の目次から、ここまではやってる!
という方は次の手順に飛んでも大丈夫です。

デッサン編はこちら←

 

内容は手順3まではほぼ同じなので、
4から読んでいただけたらと思います!

 

手順1.クロッキー帳にモチーフのラフスケッチをする

 

ではまず、クロッキー帳にモチーフ全体もしくは、
自分が描きたい部分のラフスケッチをしていきましょう。

 

これはモチーフの位置関係や、空間を把握するために行うので、
デッサン編でもやってもらいます。

 

重要なポイント:雑に描き過ぎないこと!

 

細かく描く必要はありませんが、
雑過ぎては意味がないので、
自分が分かる程度にサラッと描きましょう!

 

目安としては5~10分くらいが良いです。

 

手順2.ラフスケッチをもとに絵の構図を考える

 

手順1で描いたラフスケッチをもとに、
絵の構図を考えていきます。

 

この手順はかなり重要なので、
いわば絵を描き進めていくうえでの
設計図を作る感じです。

 

これが出来ていないと、
後の手順で次はどうしようと考えてしまい、
余計な時間を過ごすことになります。

 

自分が描きたいのは引き構図なのか、寄り構図なのか、
それとも自分でデフォルメした構図なのかを考えてみましょう。

 

重要なポイント:自分が得意な構図を取る!

 

自分の得意な構図を取ると、
後の手順でつまずくことなく描き進められます。

 

入試ではクジ引きで席の場所が決まるため、
どの角度に座っても得意な構図があれば、
周りと大きな差をつけることが出来ますよ!

 

目安としては10~15分、
長くても30分以内に終わらせて、
次の手順3に進められると良いです。

 

手順3.構図が決まったらキャンバスに下描きをする

 

手順2まではデッサン編とほぼ同じでしたが、
ここからは少し変わってきます。

 

まずは手順2で考えた構図をキャンバスに写していきます。

 

絵具とペインティングオイルを1:9くらいの割合で薄め、
オイルに少し色が付いているくらいの状態まで薄めて下さい。

 

絵具をここまで薄めるのには訳があって、
ティッシュですぐに拭き取れるようにするためです。

 

鉛筆や木炭はクリーナーを使えば消せますが、
絵具を濃いまま使うと基本落ちません。

 

筆洗液を綿棒やティッシュ、ガーゼなどに含ませてから、
消したい部分を拭くという方法もありますが、
しっかり拭き取ったとしても、
若干は筆洗液の成分が画面に残るので、
あまり使いたくない方法なんですね。

 

なのでこれは最終手段だと思っておきましょう。

 

で、その後、細めの筆を使って線で下描きをしていきます。

 

このとき使用する色についてですが、
基本的にはナチュラルオーカーをオススメします。

 

オーカー系の色は、とても自然な発色で扱いやすく、
上に層を重ねていっても浮き出てこないため、
あまり目立たないんですよ。

 

寒色系の色を全体で使う場合は、
補色関係にならない色を使用するようにしましょう。

重要なポイント:形がおかしいと思ったら直ぐに修正する!

デッサンの時と同じく、
この段階で形をしっかり整えておくことが重要です。

 

しかし油彩の場合は、
多少形がおかしくても上から重ねて描き直せるため、
デッサンほどキチンと形をとる必要はありません。

 

ですが、後で修正に時間をかけるのはあまり良くないので、
出来るだけこの工程で終わらせておきましょう。

 

目安の時間は20~30分です。

 

手順4.大まかに色を置き、絵の土台を作る

下描きが終わったら、大まかな色を置いていきます。

 

キャンバスの下地を残さないのであれば、
下地の城が無くなるように、
全体的に色を置いてください。

重要なポイント:基礎となる土台を作る!

 

例えばですが、建物を立てるときには
まず骨組みから作りますよね。

 

それと同じで、効率よく絵を描いていくためには土台が必要になってきます。

 

土台を作ることで、全体像を把握しやすくなるし、
作業の効率も圧倒的に上がるんですよ!

 

僕も最初はこれをやっていなかったので、
めっちゃ時間がかかっていましたが、
土台を作ってみたところ、
あっさりと時間を短縮することが出来ました。

 

でもどこから描き始めたらいいか分からない、、、
という方もいるんじゃないでしょうか?

 

そこで僕がオススメしているのが、
モチーフの置かれる台、もしくは地面から
描くことです。

 

基本的に台は平行なので、
モチーフを描いたときに基準にしやすく、
形が狂いにくいからなんですね。

 

台は直線なので曲がらないように注意しましょう!

 

目安の時間は1時間以内が良いです。

入試では、ちょうどお昼休憩に入るので、
アトリエに1時間は入ることが出来ません。

 

その間に、これから紹介する手順5と6の作戦を
練っておきましょう!

 

手順5.全体的に描き進めていく

ここでは全体的にというキーワードが、
とても重要になってきます。

 

今まで独学で絵を描いてきた人は、
好きな部分から描き込んでしまうケースが多いです。

 

ちなみに僕もそうでした笑

 

これをやってしまうと、
手順4で作った土台が無駄になり、
画面全体に目が行き渡りにくくなります。

 

すると、その部分だけを描き進めてしまい、
気付いたら時間は過ぎているのに、
絵が全然進んでいないなんてことがよくありました。

 

重要なポイント:好きな部分から描こうとせず、全体的に手を回す!

 

これにはコツがあります。

手前の空間を描いたら、
次は奥の空間を描くことを意識して、
画面全体に手を回すクセを付けましょう。

 

そうすることで、
仮に絵が完成しなかった場合でも、
ある程度手が回っていれば
画面は成り立ってくれます。

 

もしあなたが絵を評価する立場に立った時、
一部のクオリティーは高いが他が全く描かれていない作品より、
全体的にバランスよく手が回っているが未完成の作品を比べたとき、
どちらを選びますか?

 

僕なら後者を選びます。

 

そもそも未完成は最初の段階で
省かれてしまうらしいです。

 

あくまでも最悪の場合なので、
絶対に完成させてくださいね!笑

 

ここでの目安時間は1~2時間です。

 

手順6.細部まで描きこんでいく

 

さて、ここまでくると遠目から見て、
ほぼ完成と言ってよいレベルまで来ているはずです。

 

ここからは細部の描き込みをしていきましょう!

 

基本的には写実で描く人と、
デフォルメして描く人の
2パターンに分かれていると思います。

 

デフォルメして描く人はあまり関係ないですが、
写実で描く人に重要なポイントがあるので、
最後にそれを話していきたいと思います。

 

重要なポイント:焦点(ピント)は1ヵ所に絞る

ここで焦点が合っているというのは、
細部まで細かく描かれている状態を指します。

 

焦点を1ヵ所に絞ることは重要なことで、
出来ていないと何を表現したかったのか、
相手に伝わりにくくなってしまいます。

 

人間の焦点は一ヵ所にしか合わないので、
いろんなところに焦点が合っていると、
観る側はどこを観たらよいのか分からなくなるんですね。

 

なので、作品のメインとなるモチーフに焦点を合わせ、
細かく描き込んでいってください!

 

そうすることで、自分の伝えたいことがより強調され、
相手に伝わりやすくなりますよ。

 

それに必要じゃない部分で手を抜いて描けるので、
描きたい場所にもっと多くの時間を使うことが出来ます。

 

というわけで、
残り時間ギリギリまで気を抜かずに筆を動かしましょう!

 

目安は1~2時間ですが、
手順5とバランスを取りながら時間配分をするとよいです。

 

まとめ

 

今回は6時間で絵を完成させるコツを紹介してきましたが、
いかがだったでしょうか?

 

時間内に終わらなくて、
不安になる気持ちはすごく分かります。

 

僕自身、高3の12月末にようやく時間内に、
絵を完成させることが出来たレベルだったので、、、

 

入試まで残り2か月しかなかったので、
マジで焦ってました笑

 

この方法を知ったのが夏休みくらいだったので、
身に付くまでは時間がかかりましたが、
覚えてからは余裕をもって描けるようになりました。

 

今回の手順で特に重要なのが手順4で、
土台を作って全体像を把握し、
迷いなく描き進めることが大切です。

 

意外と見落としがちですが、
基礎を作ってから細部を作るというのは、
何にでも共通して言えることだと思うので、
ぜひ実践してみてください!

 

他にも時間を短縮する小技も紹介しているので、
良かったらどうぞ!

 

美大受験は道具にこだわれ!可能性を広げる武器を持つメリットとは?←

 

【美大受験】絵の構図を考える際は表現したいことを文章にすると良い!←

 

余談にはなりますが、
絵を描いてるときって時間を忘れるくらい楽しいですよね!
(入試のときは絶対に忘れちゃダメですよ笑)

 

美大に合格してしまえば、
時間に縛られることなく自由に描くことが出来るので、
皆さんも受験を乗り越えてください!

 

応援してます!!

 

というわけで今回は以上です。

 

ではまた次の記事で!

コメント