【美大受験】絵の構図を考える際は表現したいことを文章にすると良い!~男子美大生の雑記~

男子美大生の雑記

どうも!@Shunです。

 

今日はアトリエで友達と雑談していたんですが、
「絵の構図を考える際にしていること」という話になりました。

 

その中で、やっぱりこれ受験でも使えるよなぁと
思ったことがあったので、
それを紹介していきたいと思います。

 

この方法は、僕が予備校の頃から実践していて、
周りの友達も結構やっていたそうです。

 

というか、今でも絵を描く前は必ずやっている人多いです笑

 

中にはやっていない人もいるかもしれないので、
そういった人はやると表現力が上がると思うので、
是非読んでみてください!

 

表現したいことを文章にする

皆さんは絵の構図を考える際に、
クロッキー帳やスケッチブックに描いていると思います。

 

僕も構図を考えて、こういう絵にしよう!
というのを決めて描いていますが、
それ+表現したいことを文章にする
という作業をするようにしています。

 

これをすると何が良いかというと、
表現したいことが鮮明になって、
やることを整理しやすくなります。

 

その結果、迷わずに絵を描いていくことが
出来るようになります。

 

人は些細なことを忘れる。だからメモる!

この方法は、何を描こうか決まらずに迷っている時に、
めちゃくちゃ効果がありますよ!

 

構図を決めた後に頭の中だけでやろうとすると、
ゴチャゴチャになって、
途中で、あれ、ここどうするんだっけ?
ってなることはないでしょうか。

 

全体に影響するようなことは、
忘れにくいと思いますが、
些細なことって意外と忘れてしまうものです。

 

例えばスーパーに買い物に行くときは、
買うものを忘れないように、
あらかじめメモっておきますよね?

 

それと同じで、
絵を描く前にも何がしたいのか、
メモることが大切です。

 

まぁタイトルこそカッコよく文章にするとか言ってますけど、
実際はメモるということです。笑

 

クロッキーやデッサンでは表現しづらいことも、文章にすることで容易になる

 

構図を考えることに時間をかけるのは良いですが、
その構図をスケッチすることに
時間をかけるというのはあまり良くありません。

 

そこで文章の出番というわけです。

 

文章にすることで、
クロッキーやデッサンでは
表現しづらいことも容易になります。

 

例えば複雑な色にしたい時や、
細かく色分けしたい時ときに、
クロッキーなどでやろうとすると時間もかかるし、
色までは表現出来ませんよね。

 

しかし文章であれば、
この通り簡単で時間もかかりません。

 

まとめ

 

今回は、文章にするということについて紹介しましたが、
いかがだったでしょうか??

 

僕は最初の頃、簡単なスケッチと頭の中で
構図を決めて描いていました。

 

そうすると大抵は途中で終わって、
最後まで描き終わらないパターンが
とても多かったです。

 

でも、スケッチと一緒に文章を書くようにしたら、
途中で忘れることも、迷うこともなくなりました。

 

構図が決まっているので、
ただ買い勧めていくだけの状態になって、
完成までの道のりがハッキリします。

 

もし途中で新しいアイデアが浮かんできたら、
それを追加していくのも良いですね。

 

これはかなり特殊かもしれませんが、
友達の中にはクロッキー帳が、
ほぼ文字で埋まっている人もいたりします。笑

 

かと言って、全部を文章にする必要は全くないので、
細かい部分を文章にするということを意識すると良いです!

 

やっぱりバランスが重要ですね笑

 

というわけで今回は以上となります。

 

それではまた!次の記事で!

コメント