絵を描くときにモチベーションを上げるたった4つの方法!【美大受験】

美大受験生向け

どうも!@Shunです。

 

皆さんは美大受験の真っ只中だと思いますが、
なかなか良い評価がもらえなかったり、
自分が納得出来る絵が描けなかったりして、
モチベーションが下がってしまうことがあると思います。

 

僕も受験の時に全然良い絵が描けなくて、
やる気の出ない状態がしばらく続いたことがあります。

 

これって美大受験では誰もが通る道です。笑

 

でも、それを解決しなければ、
いつまで経っても上達しませんよね。

 

そこでモチベーションを上げる方法について、
お話していきたいと思います。

 

あまり多く書いてしまうと、
結局何をすればいいのか分からなくなるので、
実際に僕が実践していた4つの方法に絞って話していきます。

 

それでは見ていきましょう!

 

モチベーションを上げるたった4つの方法

 

モチベーションを上げるための方法は、
以下の4つです。

 

目標を細分化して達成までのハードルを下げる。

 


※図が適当で申し訳ありません

今のあなたの目標は高くなりすぎていませんか?

 

人は行動するときのハードルが高いと、
なかなかやる気が起きません。

 

そんな時はハードルを下げる必要があり、
今の目標を図のように細分化しましょう。

 

ちなみに細分化とは、
物事をより細かくしていくことで、
この図では美大に合格という目標を達成するために、
何をしていけば良いのか分かるようにしています。

 

ようするに逆算して考えることです。

 

こうすることで、
目標達成までのハードルが下がり、
モチベーションが上がります。

 

先ほどからハードルと何回も言っているので、
実際にハードル競技で例えてみます。

 

もしあなたが飛ぼうとしているハードルが、
明らかに飛ぶことが出来ない高さ(イメージとしては自分の身長くらい)
だったら、モチベーションは下がってしまいますよね。

 

ですが、これなら絶対飛べる!という高さであれば、
モチベーションも上がるし、
ちゃんと飛べたという成果にも繋がります。

 

これを美大受験で言い換えるなら、
美大に合格するという大きな目標の間に、
さらに小さな目標をいくつか挟んでいく感じです。

 

皆さんは合格という最終目標がありますが、
これってアバウトすぎるんですよね。

 

この目標だけ立てたとしても、
そこまで行くのに何をしたら良いのか
絶対に分からないと思います。

 

そのため合格という大きな目標を細分化して、
合格するためには何をすれば良いかという、
いくつかの小さな目標に分けていきます。

 

すると、目標達成のハードルが低くなり、
次に自分が何をしたらよいのか分かるようになるので、
モチベーションも必然的に上がります!

 

まぁ皆さん気付いていないかもしれませんが、
予備校に通っている方はすでに、
無意識のうちに細分化しているんですよ!笑
(図をよく見てもらえば分かります)

 

美大に合格するために予備校に行く。

 

これも立派な細分化なので、
是非これからは意識して目標を細分化しましょう!

 

褒めてもらう・応援される

誰だって人から褒められたり、応援されたりすると
嬉しくなって「よし、次も頑張ろう!」となるはずです。

 

褒めてもらうのは親、友達、SNSのフォロワーさんなどが良いと思うので、
さりげなくどう?と聞いてみたり、
作品をSNSに投稿してみてください。

 

自分から褒めて~とか言っちゃうとあまり効果がないので、
あくまでも自然な感じでやりましょう。

 

特に親御さんは褒めてくれる可能性は高いと思うので、
狙い目だと思います!笑

 

 

応援してもらうのもまた、
モチベーションを上げるのに良い方法であると言えます。

 

僕はサッカーをやっているので、
応援されると試合中のモチベーションは、
かなり上がります。

 

仲の良い友達であれば尚更モチベーションは上がるし、
これが好きな人だったら、
本来のパフォーマンスの倍くらいは上がりますね。笑

 

応援ってあまり意味ないと思われがちですが、
気持ちが込められた頑張れを言われると、
自然とモチベーションは上がってきますよ!

 

勝手に自分の中でライバルを作る

ライバルになる存在がいるいないでは、
モチベーションは大きく変わってくると思います。

 

周りにいる自分よりも実力が上の人を探し、
こっそりとライバルにしてしまいましょう!

 

絶対に越えてやるという気持ちを持つことで、
少し気分が乗らない日でも、
負けたくないという気持ちが沸いてきます。

 

例えば、ルパン三世を知っている方多いと思います。

 

このアニメってルパンのライバル的存在として、
銭形警部が出てきますよね。

 

この銭形警部が出てこなかったら、
しつこく捕まえにくる人がいなくなるので、
ルパンの盗みの技術は一定のレベルで止まってしまうと思います。

 

でもライバルである銭形警部がいることで、
ルパンはどうやって盗んだらよいか工夫をするようになり、
盗みの技術がどんどん上がっていきます。

 

これと同じように、
絵を描くときもライバルがいれば、
どうしたら上手く描けるのか工夫するようになるし、
絵の技術が上がることでモチベーションも上がりますよ!

 

軽く運動し、気分をリフレッシュする

今日はやる気が出ないなぁという日は、
一旦アトリエの外に出て、
予備校の周辺を散歩しに行ってみましょう!

 

適度な運動をして心拍数を上げることで、
頭の回転も上がってアイデアが浮かびやすくなり、
モチベーションも次第に上がってきます。

 

ずっと座っていると体の血行も悪くなるので、
そういった意味でも軽く運動すると良いですね!

 

やっぱり全然アイデアが浮かばず、
今日はダメだなぁという日もあります。

 

僕もよくありました、、、

 

だからと言って椅子に座って、
ただキャンバスを見つめているだけでは成長しません。

 

どうせ作品が完成しないなら、
何か少しでも成長に繋がることをした方が、
よっぽど良いと思います。

 

絵を描く時間は6時間ありますよね。

 

6時間を無駄にするくらいなら、
完成しなくても良いので、
アイデアを探すためにアトリエから一旦出ましょう。

 

そして周辺を探検してみましょう!

 

これをやるかやらないかで大分違ってきますよ!

 

ただ、注意してもらいたいのが、
毎日これをやってしまうとサボりに繋がってしまうので、
気を付けてくださいね。

 

モチベーションが下がる原因は?

 

モチベーションを上げるためには、
下がる原因を知っておくというのも良い方法です。

 

今回は僕の体験を参考にしていきますね。

 

・目標のレベルが高過ぎる

・他人と比較し過ぎて自己嫌悪に陥る

・自分の絵についてマイナスな意見を言われた

・なかなか上達しない

・アイデアが浮かばない

 

などなど、
皆さんにも色々な原因というものがあると思います。

 

ではこの原因を解決するために、
先ほどの方法を使ってみましょう。

 

・目標のレベルが高すぎる

これは細分化することで解決します。

 

大きな目標ではなく、
小さな目標に細かく分けていきましょう!

 

・他人と比較し過ぎて自己嫌悪に陥る

これは勝手にライバルを作ることをした結果、
失敗してしまったケースだと言えます。

 

ライバルに対して、
あの人の絵上手いなぁ、いいなぁというように、
ただ羨ましがっている状態ではいけません。

 

ライバルは競ってなんぼなので、
どんな練習をしているんだろう、
そのアイデアを出すためには何をすれば良いか、
自分で考えて工夫するという状態にならないとダメです。

 

それに自己嫌悪の状態のときって、
案外自分の考えすぎなだけと言う場合も多いです。

 

そんな時は、周りの人に「こんな絵描いてみたんだけど、どう?」
と聞いてみてください。

 

自分には無かった意見をもらうことで、
意外とあっさり解決してしまうことだってありますよ!

 

・自分の絵についてマイナスな意見を言われた

マイナスな意見と言っても2パターンあります。

1つ目は、下手くそ・センスない、などの意地悪系で、
これは無視で大丈夫です。

 

こういうことを平気で言ってくる人は滅多にいないと思いますが、
あなたの反応を見て楽しんでいるだけです。

そもそも、そんなことに時間使うくらいなら、
1枚でも2枚でもクロッキーをした方がよっぽど良いので、
気に病むこともなく、放置してあげるのが得策ですね。

 

その人がくだらないことをしている間に、
自分はもっと成長して、
圧倒的な差を見せつけてやりましょう!笑

 

2つ目は、形が少し違う・構図の取り方が悪い、
などのアドバイス系で、
これは真摯に受け止め改善する必要があります。

 

ここでも細分化することが役に立ってきて、
形が違うのであれば、合うまで描きなおしてみたり、
構図の取り方が悪いのであれば、
写真を何枚も取って構図取りの練習をしたりするなど、

その目標を達成するために、
何をしたらよいのか考えましょう。

 

小さな目標でもよいので、
それをクリアするとモチベーションは上がります!

 

 

・なかなか上達しない

これはライバルを作ったり、
細分化することで解決します。

 

まず、一人だけでやっていると、
比較対象がいないので、
自分がどのくらい成長しているのか分かりづらいです。

 

そのためライバルを自分の中で作りことで、
今日はあの人よりも評価が高かった!というような、
小さな出来事でも成長が実感できるので、
モチベーションも上がりやすいと思います。

 

細分化はさっきから何度もやっているので省略します。

 

・アイデアが浮かばない

そんな時は一旦アトリエから出ましょう。

 

座っていたら思いつかないようなアイデアも、
外に出て散歩してたらふと浮かんでくることもあります。

 

例えば、その日のテーマが「悲しみという言葉とモチーフを組み合わせて描きなさい」だったとします。

 

外で散歩をしていたら、
泣いている小さな子がいたとします。

 

そうしたら、
自分も小さなときにこんな悲しかったこともあったよなぁ、
と何か思い出すことがあり、
そこからアイデアが浮かんでくるかもしれませんよね。

 

何も考えずに外に出るのはあまり良くないですが、
意味を求めて外へ出るのは、
何もしないで座っているよりも、
かなりためになる時間を過ごせますよ!

 

 

まとめ

 

今回はモチベーションを上げる方法について話してきましたが、
いかがだったでしょうか?

 

美大受験をしていると、
モチベーションが下がることって、
誰にでもあることです。

 

そんな状況の中でも、
ちゃんとモチベーションを上げながら、
ちゃんと描いていける人が成長するし、
大きい目でみて合格に繋がるんだと思います。

 

だから皆さんも、
モチベーションを上手くコントロールできるように、
色々と試行錯誤してみてください!

 

それでは以上となります!

 

ではまた!次の記事でお会いしましょう!

コメント