美大のオープンキャンパスに行くべき理由を解説!

美大受験について知りたい

どうも、@Shunです!

 

今回は美大受験生に向けて、
オープンキャンパスに行くべき理由について解説してきます。

 

美大受験をする方の多くは、
藝大・ムサビ・タマビ・造形・女子美の
5美大と呼ばれる大学をすべて受け、
受かったところに行くという方が多いと思うんですが、

国立である藝大は倍率が高く相当な実力が必要なため、
現役合格を目指している方の多くは、
私立美大のどこかに行くことになる場合がほとんどです。

 

そうなったとき、
自分が入学することになる大学について全く知らない、、、

とか、

複数の美大に合格した時、
どの大学を選べば自分にとってベストなのか分からない、、、

 

なんてことにならないために、
あらかじめ志望する大学について
ある程度知っておく必要がありますよね。

 

そんなときに役に立つのが「オープンキャンパス」です。

 

 

僕自身、結構面倒くさがりなほうなので、
最初は行かなくても良いかなと思っていたんですよ。

家から大学までは遠いし、
行けば受かりやすくなるわけでもないので、
別に行かなくても大丈夫かなって。

 

ですが、いざ行ってみると
受験をするうえで重要な情報を知ることができ、
得られるものも多いことが分かり、
今では絶対に行くべきだという考え方に変わりました。

 

もし現時点で行かなくても良いのでは?と思っている方は特に、
途中まででも良いので是非読んでみて下さい!

 

どんな大学なのか知ることが出来る。

 

これは高校受験のときにも言われていることだと思うので、
書かなくてもいいかなと思ったんですが、
結構重要なことなので改めて言っておきます。

 

まずよくあるのが、合格したは良いものの、
入学してみたら
「自分が学びたいことが学べない、、、」
というやつです。

 

「〇〇大学に入ったはいいんだけど、
自分が学びたかった古典技法が学べなかったから、
やっぱりムサビに編入してきた。」

というのを先日耳にしました。

 

美大って普通の文系大学と比べると
学費がめちゃくちゃ高いので、
入学金や1年分の学費を払ってからでは、
やっぱ違う美大に行こ。

なんて皆が簡単に出来ることではないですよね。

なので、入学する前に自分の学びたいことが学べるのか、
それをしっかりと確認しておく必要があります。

 

それと、大学の雰囲気が自分に合うかというのも大事で、
高校が3年間だったのに対して、
美大では1年多い4年間を過ごすことになります。

そのため、教授や周りの人の雰囲気であったり、
制作で使うことになるアトリエの雰囲気が
自分に合っているかがとても重要になってくるので、
必ず入学する前に確認しておきましょう。

 

ちなみに、ムサビで行われる6月のオープンキャンパスでは、
授業公開やアトリエ見学があるので
授業風景を見ることが出来たり、
ムサビ生が普段どんなアトリエで制作しているのかを
知ることが出来ます。

制作をするときの空間って、
居心地が良くないとダメだという人もいるし、
汚れているとやる気が出ない人もいますよね。

こういった、入学する前にはあまり実感できない部分も
把握しておかないと後々後悔することになるので、
しっかりとオープンキャンパスで確認しておくのがオススメです。

 

それに加えて大学教員との個別相談や、
入試ガイダンスを受けることも出来ます。

教員と直接話せる機会というのは滅多にないので、
是非この機会に相談しに行って質問や分からないことを
聞きに行くと良いです。

 

ガイダンスも行っておいて損はないと思います。

美大受験は一般の文系大学を受けるのとは少し違って、
実技と学科の2つがあり手続きが複雑だったりします。

その辺を分かりやすく話してくれるので、
美大受験が初めてだという方は
是非参加してみてはいかがでしょうか。

 

そうすれば本番ギリギリになってから、
どうしよう、、分からないこと多すぎる、、、
なんて心配も無くなるはずです!

 

合格者の作品を観ることが出来る!

 

ムサビの公式HPから合格者の作品を観ることも出来ますが、
オーキャンでは実物が展示されます。

それにHPに載っていない作品を観ることが出来るのも、
かなり大きなメリットだと言えますね。

展示される作品は前年度に合格した人の中でも、
特に優秀な成績を残した作品が展示されるので、
学べることも多いと思います。

 

美大受験では色々な画家の作品を観たり、
周りの仲間と絵を見せ合って
意見交換をしたりすることも大事なので、
合格した人の作品を観ることですごく勉強になります。

 

特に、予備校に通っていない人や、
周りに絵を見せ合うような友達がいないという人は、
この機会に自分以外の人の作品を観に行ってみてはいかがでしょうか。

何か得られるものがあると思いますよ!

 

モチベーションが上がる!!

 

これに関しては個人差があると思うんですが、
僕はオープンキャンパスに行って
自分の目と身体でムサビを体験したことで、
モチベーションがグッと上がりました。

なぜかというと、
合格した後のイメージを持てるようになり、
現実味を感じたからです。

 

僕は受験生の頃、藝大・ムサビ・タマビを
雲の上のような存在に感じていました。

そもそも美大受験って難関なところが多いし、
現役で合格したらスゴイ!って言われているところに、
ホントに自分なんかが入れるのか?なんて
思いを強く持っていたんですよ。

プロフィールにも書いてある通り、
僕はめちゃくちゃ偏差値の低い高校に通っていたこともあって、
周りの友達は就職と大学進学が半々くらいに分かれ、
その大半がFランクの大学を目指しているという環境でした。

なので、すごく遠い存在のように感じていたわけです。

 

でも実際に足を運んで大学の中を歩いてみると、
「あぁ、あのムサビの中を歩いてる、、、」
っていう感じですごく現実味を感じてきました。

(訳の分からないことを言ってすみません。笑)

 

行けば分かると思いますが、
美大って建物自体がめちゃくちゃオシャレなので、
こんなところで大学生活を送れたら最高だろうなぁなんて
色々と想像をしてしまうんですよね~

ムサビの図書館がマジ半端ない!【武蔵野美術大学】図書館・イメージライブラリ―の紹介
どうも!@Shunです。 今回はムサビの図書館がマジ半端ない!ということで、 図書館とイメージライブラリーについて紹介していきます。 外観・内観の特徴 これが外から見た感じ。↑ 外観はガラス張りになっていて、 デザインも凄くカッコイイですね。 ...

ちなみにこの記事のサムネはムサビの図書館なんですが、
めっちゃオシャレだと思いませんか??

だから絶対に合格して、
次はちゃんと美大生としてここにきてやる!という原動力みたいなものが生まれ、
めちゃくちゃモチベーションが上がりました。笑

 

美大受験ってモチベーションの維持がすごく難しいです。

やはり、一番の要因としては課題に対する答えが決まっていないからで、
自分の絵が評価されないことが続くとモチベーションが下がり、
ネガティブな思考に陥りやすいんですよね。

そのため、こういった機会をうまく活用して
モチベーションを上げることもすごく重要だと思います!

 

入試会場への経路確認になる

 

コレすごく重要なんですが、
ぶっつけ本番で入試当日になって
初めて現地に行くというのは絶対にNG

 

答えはシンプルで、何が起こるか分からないからです。

 

乗る電車を間違えてしまうかもしれません。

それに、乗っている電車で何かトラブルに巻き込まれた時、
冷静に対処できないかもしれません。

 

そんなことが原因で1年間の努力が水の泡なんて
馬鹿馬鹿しいと思いませんか??

 

そもそも当日電車を乗り間違えるなんて論外ですが、
万が一トラブルに巻き込まれた際に冷静な対処が出来るよう、
必ず入試会場の下見には行くべきです。

 

ただ下見に行くために交通費払うのもったいない、、、

 

そう思ったあなた!
オーキャンのついでに確認しちゃいましょ!笑

 

どうせ行くならただ行って帰ってくるだけよりも、
オーキャンで色々と有益な情報を得てくれば
一石二鳥じゃないですか??

 

特に地方に住んでいる方は、
飛行機や新幹線代が高いからあまり行きたくない
という気持ちも分かりますが、
東京の交通機関に慣れていないなら、
なおさら行くべきです。

なぜかというと、
東京の駅はホームの数が多くて、
駅構内がダンジョンの迷宮かよ!って思うくらい
複雑な造りをしているところが多いんですよ。

(渋谷の駅なんて地上3階から地下5階まであるので
余裕で迷います。笑)

一応駅にこんな感じの案内もあるんですが、
当日急いでるときにこんなの見ても分かる訳ないですよね。笑

 

意外と駅構内をナビしてくれるアプリというのはないので、
当日迷わずスムーズに行くためにも、
一度現地に足を運び自分で確かめておくことが大切です。

 

あと、よくありがちなのが友達と一緒に行くし、
その友達しっかりしてるから自分で調べなくても大丈夫!と思っている人。

当日いきなり友達が寝坊したり、
風邪で試験を受けられなくなったらどうしますか??

そうなってから焦りだしても遅いし、
友達のせいにするわけにもいかないので、
一人でも確実に行けるように自分で経路確認をしておきましょう。

 

オープンキャンパス限定のグッズが貰える!(おまけ)

オープンキャンパスに行くと限定デザインのトートバッグが貰えます。

もう4年前に貰ったものなので、
かなりシワシワですがご了承ください。

 

これは大学の資料を入れるための袋として配られていて、
おまけのようなものではあるんですが、
個人的には結構イイ感じのデザインなので気に入ってます。

皆さん的にはどう思いますか??

 

普段使いも出来るシンプルなデザインなため、
家から近いカフェで作業!みたいなときや、
スケッチしに行くときなどに便利なので使ってます。

 

ただ、4年前のデザインなので
今は少し変わってるとは思いますが、
美大のトートバッグいいなぁと思った方は、
是非行ってみてはいかがでしょうか!笑

 

まとめ

 

今回はオープンキャンパスに行くべき理由について、
解説してきましたがいかがだったでしょうか。

 

最後にもう一度内容をまとめると、、、

 

1.どんな大学なのか知ることが出来る

・自分の学びたいことが学べるのかを知ることが出来る。

・授業公開やアトリエ見学によって大学の雰囲気が自分に合っているのかを知ることが出来る。

・教員と個別相談が出来る貴重な機会。

・入試ガイダンスを受けられる。

 

2.合格者の作品を観ることが出来る

・ホームページに載っていない合格者の作品も見ることが出来る唯一の機会。

・合格者の作品を観ることで何か得られるものがあるかもしれない。

 

3.モチベ―ションが上がる

・自分の目と身体で志望校を体験することで、
合格した後のイメージを持つことが出来るようになる。

・ここで学びたい!という気持ちが原動力になり、やる気が出てくる。

 

4.入試会場への経路確認になる

・ただ経路確認のために来るよりも、オーキャンのときに来た方がお得!

・東京の交通機関は複雑なところが多いため、地方に住んでいる方は特に確認が必要。

・友達と一緒に受けに行くという方も、一応1人でも行けるように確認しておく。

 

5.オープンキャンパスの限定グッズが貰える(おまけ)

・おまけみたいなものではあるが、イイ感じのトートバッグを貰える。

 

 

行くことで得られるメリットはありますが、
デメリットというのは無いと言っても過言ではありません。

あるとすれば交通費がかかるくらいかな、、、笑

 

やっぱり、ネットや周りの人からの情報だけでは
どうしても不十分な点があったりするんですよ。

入ってみたら、言ってたことと違うじゃん!
ってなっても人のせいには出来ないので、
自分でしっかりと確認するべきです。

 

それに、志望する大学を体験できる貴重な機会でもあるので、
オープンキャンパスと他の用事がかぶって
どうしても行けないという場合を除いて、
基本的には必ず行きましょう。

 

ちなみにムサビは6月と8月に開催されるんですが、
夏休みに入っていない6月は学生が普通に授業をしているので、
よりリアルなムサビを観ることが出来てオススメです!

 

 

というわけで今回は以上となります。

 

長くなってしまいましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

それではまた、次回の記事で!

 

コメント