美大に反対する親を説得するコツ。実際に父を説得した方法を伝授!

美大受験について知りたい

どうも、@Shunです!

 

親に「美大に行きたい!」と言ったら、
反対されてしまった、、、、

どうすれば説得できるんだろう、、、、

 

こんな悩みを抱えてる学生さんって結構いますよね。

僕の家庭も父親が美大進学に超反対していたので、
説得するのにめちゃくちゃ苦労しました。笑

 

どうしても美大に行きたいけど、
親に反対されるから無理そう。

でも諦めたくない、、、

 

そう本気で思っているなら、
今日でその悩み解決しませんか??

 

というわけで今回は、
美大受験反対の親を説得するコツについて、
行動心理学を使って論理的に解説していきます。

 

心理学って聞くと、
なんか難しそう、、、、、

と感じる方もいるかと思いますが、
分かりやすく簡単に説明しているので、
そんなに気が舞える必要はありませんよ!

10分~15分ほどあれば読める内容です。

 

それでは解説に入っていきましょう!

 

親を説得するためのコツは4つ!

 

早速ですが結論から言いますと、
説得するためのコツは大きく4つあります。

 

・美大についてよく知ってもらう

・親が抱える将来の自分への不安を取り除く

・自分の意見だけでなく、親の意見もしっかりと聞き入れる

・父と母どちらか1人ずつ説得する

 

僕はこの4つを徹底的に行ったことで、
美大に進学することを親に納得してもらうことが出来ました。

 

最初はなかなか上手くいかなかったし、
何度も反対されて
相手にすらしてもらえない事もありました。

ですが、本気で行きたいと考えているのであれば、
諦めずに何度もトライすることが大切です。

 

結局自分が諦めてしまうと、
親はその程度の気持ちだったのね。
というように簡単に済ませてしまうからです。

それに、今後自分が何かやりたいと言っても、
また同じことを言ってるのかと
思われてしまうかもしれませんよね。

 

ただ、実力が伴っていなければ口だけだと思われるので、
それに見合うだけの実力を付ける必要も多少はあります。

 

しかし、今回の内容は実力とは少し違う方向から
アプローチをしていくので、
まだ絵の実力がないという方でも安心です!

特に「行動心理学」がキーワードになってくるので、
少し難しく感じるかもしれませんが、
分かりやすい例と共に解説していくので
頑張ってついてきてください!

ちなみに「行動」という言葉が何度も出てきますが、
「行動=美大進学に賛成してもらう」
というように考えてください。

 

行動心理学を利用して親を美大賛成に導く!

人間という生き物は、
分からないことや不安を抱えたままだと、
なかなか行動に移すことが出来ません。

そのため、相手の分からないことや、
不安を取り除いてあげることで、
行動してもらいやすくなると言われています。

 

行動心理学でかなり有名なD・カーネギー著の
「人を動かす」という本でも、
人を動かすためには自分の意見だけでなく、
相手の意見を聞き入れることが大切だと書かれいます。

自分の意見だけを突き通そうとすると、
相手が嫌がってしまい余計に反対されてしまう
ということですね。

 

ではこれを今回のテーマに置き換えてみると、
親が反対する理由の裏側には、

 

・美大についてよく分からないことがある

・子供の将来に不安を感じる

・親の気持ちを全然分かってくれない、、、

・美大には高い学費を払うだけの価値があるのか

 

ということが挙げられます。

 

これを自分の立場で考えてみて欲しいんですが、
欲しいけど買おうか迷っているものがあるとします。

そういうときって、
その商品についてよく分からないとか、
ホントに買っても後悔しないかなとか、
お金を払うだけの価値があるのか、
そういった理由で迷うとおもうんですね。

だから商品レビューをみたり、
実際に持っている友達から話を聞いたりして不安を取り除き、
そこから買うか買わないかの判断をするわけです。

 

人間が行動するときには必ず
このような心理が働くので、
それを頭に入れつつ次の章に進んでいきたいと思います。

 

美大についてよく知ってもらうことが重要!親に教えるためにまずは自分が知る。

親に美大進学を許してもらいたいなら、
まずは美大についてよく知ってもらう必要があります。

反対する親の多くは、
そもそも美大についてよく知らない場合が
ほとんどなんですよ、、、

 

だから、そんな訳の分からないところに
子供を通わせるわけにはいかない!
と思っているわけです。

 

じゃあどうすれば良いのかというと、
この記事を読んでいるあなた自身が
美大について詳しく説明してあげましょう。

 

すでに美大について完璧にリサーチ出来ていれば良いですが、
実はまだ自分もよく知らないという方は、
ここで美大について徹底的に調べましょう。

調べる方法は色々とあります。

 

・ネットで調べる

・オープンキャンパスに行く

・芸祭に行く

・美大生から話を聞く

・予備校に話を聞きに行く

 

などが良いと思います。

 

とりあえずネットで調べるのが一番手っ取り早いので、
まずは美大について気になることや、
分からないことなどを中心に調べていきましょう。

ちなみにこのサイトでも、
美大についての情報を多く発信しているので、
よかったら参考にしてください!

 

油絵科ってどんなところ?現役美大生がムサビの油絵科について語る。
どうも、@Shunです! 今回は、油絵科ってどんなところなの? という疑問にお答えしていきます。 正直、最初は油絵科にあまり良いイメージを 持っていませんでした。 独特な人たちがたくさんいて、 アーティストを目指す人で溢れていて、 ずっと絵ばかり描い...

 

美大はお金持ちが行くところ。そんなイメージ捨てたほうが良いですよ
どうも、@Shunです! 美大の話になると、 どうしてもお金の話が出てきますよね。 理由の一つとして、 学費がめちゃ高いという点が挙げられると思います。 世間一般からしても、 美大はお金持ちのお坊ちゃんや、 お嬢様が行く場所という イメージ...

 

他の美大にはない!ムサビ油絵学科の授業の特徴 | 美大受験に役立つ情報をお届けする!男子美大生Shunのブログ
どうも、@Shunです! 美大と言えば、 最難関と言われる藝大、 それに次いでムサビ、タマビ、造形大、女子美といった、 東京五美大が挙げられると思います。 それぞれの大学ごとに、 特色のある授業が展開されているので、 自分が学びたいことが学べる大学がどこなのかを、 事前に知っておくことが大切です。 そこで今回は、 僕が...

 

実はあまり良くない方法というのもあって、
高校の先生に聞くのはオススメできません。

なぜかというと、
美大の今を知らない可能性が高いからです。

 

美大は今と昔で大きく変化しているため、
先生が持っている情報だと古くて
あてにならないという場合があるんですね。

そのため、出来るだけ美大の今を
知ることが出来る情報源から調べるようにしましょう。

 

 

美大についてある程度調べたら、
次は美大に通うことのメリットを
探してみて下さい。

これもまた心理学の話になるんですが、
人はメリットを感じることで
行動を起こしてくれやすくなる。

という特性を持っているので、
自分にとってのメリット、
または親にとってもメリットになることがあれば、
それを伝えるようにしましょう。

 

例えば、、、

 

・将来なりたい職業に就くには美大で学ぶことが最適!

・レベルの高い環境で美術を学ぶことが出来る。

・他の大学では出来ないことがある。

・実家が会社を経営していれば美大で学んだことを活かせる。

・親は息子・娘が有名大学に入ることが出来たら周りに自慢できる

 

4つ目の例は実際に僕が伝えたメリットですね。

5つ目に関しては少し強引ですが、
親からしてみれば子どもが有名大学に入れたら
鼻が高いですよね。

 

お子さんどこの大学に行かれているんですか?と聞かれ、

「○○美術大学ですよ!」
っていうと、

「ほんとですか!?
あの○○美大ですよね!すごいですね」

なんて言われるたびに、
受験のサポートをして美大に行かせることが出来て良かったと思う。

と母が言ってました。

 

このように自分のメリットだけでなく、
親にとってのメリットを伝えることが出来れば、
さらに説得力が増すと思いますよ!

他にもあると思うので、
自分でも探してみて下さい。

 

親はなぜ反対するの?理由をきいて不安を解消してあげよう!

親は僕たちが心配している以上に、
子供の将来を心配しているものです。

 

本当に美大に進学して大丈夫なの??

卒業したあとちゃんとご飯を食べていけるの??

高いお金を払うだけの価値が美大にはあるの??

といった不安を強く感じています。

 

そのため、なぜ美大に反対するのかを
親から直接聞くことで、
不安に思っていることが分かり、
それを解決してあげることが出来ますよね。

反対の理由はそれぞれの家庭ごとに違うと思いますが、
ある程度一致する部分もあるので、
その例を挙げて解説していきます。

 

学費が高くて払えない。もしくはそれだけの価値が無いと感じている

 

美大に進学するにあたって
学費の問題は1番の壁でもあり、
4年間で約700万円(一人暮らしをする場合や画材費を含めると
1000万近くも)払うことになるため、
親からすれば相当な負担となります。

それに加え、日本という国は昔から
美術を学ぶことが必要なことだと感じて
いないことも大きな原因と言えます。

 

だから、そんな高い学費は払えない!
と言われてしまうわけです。

 

そこで、両親に全額出してもらうのではなく、
自分で奨学金を借り、
大学に入ってからバイトをして学費に回すなどして、
足りない分を補えば十分通うことが出来る。

ということを提案してみましょう。

そうすることで、
両親が支払う金額がかなり減るので、
親への負担も減り、金銭的な問題も解決できるはずです!

 

僕の家もこれが反対の原因の1つでしたが、
詳しく調べて計算したところ、
奨学金やバイトをすることでなんとか通える
ということが分かりました。

実際、計算をするとかなり大きな金額になるので、
自分がこんな大金払えるのか、、、、

と不安になるかもしれません。

ですが、自分が本当に美大に行きたいと思うのであれば、
ある程度は覚悟を決める必要があるかと思います。

 

美大のお金事情について書いた記事があるので、
よければ参考にしてください。

 

美大はお金持ちが行くところ。そんなイメージ捨てたほうが良いですよ
どうも、@Shunです! 美大の話になると、 どうしてもお金の話が出てきますよね。 理由の一つとして、 学費がめちゃ高いという点が挙げられると思います。 世間一般からしても、 美大はお金持ちのお坊ちゃんや、 お嬢様が行く場所という イメージ...

 

また、両親が美大に対して高いお金を払う価値がないと感じている場合は、
美大の魅力をしっかりと伝えなくてはいけません。

 

これは先ほど説明した、

「美大に行くことのメリット」

 

後で説明する、

「美大とはどんなところなのか」

の内容と似てくる部分もあるので、
よく読んでくださいね!

 

就職出来なさそう→子供の将来への不安

 

これは美大について知らない親が
1番勘違いしやすい部分です。

世間では美大=就職出来ないと思われているため、
それを鵜呑みにしているパターンだと言えます。

 

これに関しては僕自身も鵜呑みにしていた部分がありましたが、
ちゃんと調べてくうちに、
そんなことはないと分かりました。

実際に僕も就職活動を行っていますが、
皆さんも知っているくらいの大手企業であったり、
今乗りに乗っているような有名企業などが、
ムサビに会社説明をしに来てくれています。

なので、油絵科であろうが自分でしっかりと就活に向けて動いていれば、
問題ないかと思います。

 

美大=就職出来ないはもう古い!!

 

これをしっかりと親に伝えることが出来れば、
子供の将来への心配も無くなるので、
賛成してもらえる可能性は上がると思います。

 

ちなみに、美大に関する記事も書いていて、
これからは創造力を持つ人が求められるよという
内容になってます。

きっと説得の材料に使えると思うので、
気になる方は読んでみて下さい!

美大は就職出来ないと思っている人こそ読んでほしい!これからは創造力を持った人が求められてくる!
どうも@Shunです! 美大は就職出来ない、、、 と思っている方、 (特に油絵科が多いと思いますが。) 実は美大生って、 様々な分野で求められています! 先日発表されたことなんですが、 2019年度から神戸市では ・デザイン ・美術 ・...

 

この他にも、
美大の就職先を調べて
親に見せることも効果的です。

自分が志望する美大のWEBサイトで見ることが出来るので、
参考にしてください。

 

近年は美大から有名な企業に就職している人が多いので、
これを親に知ってもらうことが出来れば、
さらに説得力が増すと思います!

 

浪人して欲しくない→現役で合格できるか心配。 金銭的に厳しい

美大は浪人するのが当たり前という風潮があるため、
親は子供が浪人することに対して不安を感じています。

それに浪人となると、
予備校にもう1年通うことになるので、
金銭的に浪人は無理という家庭もありますよね。

僕の家もお金がないほうなので、
浪人なんか絶対にさせられないと
言われていました。

 

しかし、予備校に通ってみて分かったのが、
自分を含めムサビやタマビといった美大に
現役で合格している人が意外と多いということです。

中には高3になってから予備校に通い始めた人や、
予備校が近くになくて独学で絵を描いて、
現役合格している人も結構います。

 

そこで自分なりに分析してみたところ、
2~3浪までは藝大を狙っていく人が多く、
私美大に受かったけど行かないという選択を取っている人が
先輩にも同期にもかなりいました。

また、浪人生よりも現役生の方が
学科試験に強い傾向があります。

藝大の入試って学科があまり重視されていないので、
浪人生の多くは学科よりも実技に力を入れるんですね。

それに比べて現役生は高校にも通っていて、
周りも受験勉強をしているという環境にいるので、
学科の点数を含めて考えると現役生の方が強いと言えます。

 

とは言え最終的には自分の努力量で決まるため、
受験の本質的に考えても
一般の大学を受験するのと変わりません。

 

このように現役生だからこその強みもあるので、
そういった部分を親に伝えると良いですね。

 

美大に入って何がしたいのかを明確に!

親は、

「美大に行って何がしたいのか」

その部分を非常に重要視しています。

 

高い金額を払うわけですし、
4年間という長い時間をダラダラと
過ごして欲しくないわけです。

だから、子供が美大に入って何をしたいのかが定まっていなければ、
親は不安になってしまい余計に反対される原因になります。

そのため、この部分は必ず考えておくようにしましょう。

 

とは言っても、
そんなの美大に入ったら変わるでしょ

と思いますよね。

 

これは難しいところで、
大学に入ってからやりたいことが変わる
というのは多々あります。

実際に僕も絵だけでなく映像を作ったり、
デザインの勉強をしたくなったりなど、
意外と変わっていくものです。笑

 

やっぱり大学で様々なことを学んでいく中で、
考えが変わるというのは自然なことで、
むしろ変わらない方が難しいんじゃないかと
思うくらいです。

やりたいことが変わるというのは仕方ないので、
大学のことは大学に入ってから考えれば良いです。

なので、親を説得する際には
今やりたいと思っていることを伝えるようにしましょう!

 

自分勝手になってない?親の意見もしっかりと聞こう!

親が子供の将来について慎重になるのは
当たり前のことなので、
しっかりと親の気持ちを理解したうえで
自分の気持ちを伝える必要があります。

親も1人の人間なので、
自分の気持ちを理解してもらえないと、
例え子供であろうと嫌な気持ちになるのは当然です。

 

これは自分の視点の方が分かりやすいので、
友達と遊ぶことを例に挙げて考えてみます。

 

友達は洋服を買いに行きたいと言っていますが、
結構雨が降っているので自分は家の中で遊びたいと思っています。

そこで友達が、
「絶対に今日〇〇を買いに行きたい!
友達なんだから付き合ってよ~」

と言ってきたらどうしますか??

 

普通に嫌ですよね。笑

 

自分は雨に濡れるのが嫌で外に出たくないと思っているのに、
その気持ちを全く理解しようともせず、
ただ行こうよ!と言われても、
なんで分からないかなぁって思うし、
余計に行きたくなくなりますよね。

 

ですが、もしそこで友達が

「雨かぁ、、、
雨で濡れるの嫌だから行きたくない気持ちも分かるんだけど、
期間限定の〇〇が買えるの今日で最後だから
どうしても行きたいんだよね。

買いにいくの付き合ってくれないかな?
ご飯おごるからさ!」

と言われた場合はどうでしょうか。

 

こっちの言い方のほうが、
少しくらいは行く気になりませんでしたか?

 

これはあくまでも簡単な例にすぎませんが、
自分の考えだけを突き通そうとすることで、
余計に相手が嫌がってしまうことが分かったはずです。

これと同じで、
親の気持ちを理解せずに
美大にどうしても行きたいから行かせて!
と言っても余計に反対されてしまうので、
ちゃんと親の考えも気持ちも理解していると
伝えることが大切です。

 

美大受験って絵を描いている
自分だけが辛いと思いがちですが、
親も子どもが苦戦している姿を見るのが辛いそうです。

それに加えて、
子供を予備校に通わせるために
汗水たらしてお金を稼ぐわけなので、
親にとっても受験は辛いんですね。

 

なので一緒に乗り越えるという気持ちが必要ですよ!

 

1:2は不利、、、まずは1人を味方に付けよう!

両親ともに美大に反対している場合は、
まず父か母のどちらか1人を説得しましょう。

 

どちらかだけだと意味ないし、
1回で説得した方が楽じゃん。
と思うかもしれませんが、
これにはちゃんとした理由があります。

 

まず、2人同時に説得するのは非常に難しく、
1:2という状況は交渉を進めていくにあたって
圧倒的に不利だと言えるからです。

あと少しで母を説得できそうだったのに、
結局父に流されてしまい反対されたまま
話し合いが終わってしまう。

ということが起きるんですよ。

 

だから1人ずつ説得した方が良いというわけです。

 

父か母のどちらかを先に説得し、
味方にすることが出来れば
2:1の状況を作れるため、
有利な状況でもう一人を説得できます。

 

こういうのは焦ったらいけません。

とにかく自分にとって最善の状況を作るようにしましょう。

 

では、父と母。どちらを先に説得するかというと、
難易度が低い方を先にすると良いです。

例を挙げると、

 

・反対度が低い方

・仲が良い方

・よく悩み事を相談する方

・娘に弱い父であれば父

・息子に弱い母であれば母

・またはその逆

 

といった感じです。

 

シチュエーションは親と1:1で話し合える状況が良い

もう一方の親に話が聞こえる状況だと、
横やりが入ってきたりして、
結局1:2になってしまう場合があるからです。

それに1:2だと委縮してしまい、
本来伝えたかったことが言えないなんてことも起きてくるんですよ。

そのため親が1人になる時間を狙って、
相談を持ち掛けることをオススメします。

 

まとめ

 

今回は美大反対の親に説得するコツについて
解説してきましたが、
いかがだったでしょうか!

この記事は、猛反対していた父を説得した経験をもとに書いたので、
少しでも皆さん参考になれば良いなと思います。

 

それでは最後にもう一度、
おさらいしていきましょう。

 

親が美大を反対する理由の裏には、
「分からない・子供に対する不安」があると言いましたよね。

 

そのため、、、

・美大についてよく知ってもらう

・親が抱える自分への将来への不安を解消する

・自分の意見だけでなく、親の意見もしっかりと聞く

・父と母どちらか1人ずつ説得をする

ということが非常に重要になります。

 

じゃあそのためにはどうすれば良いの?
というと、

・美大について徹底的に調べ、親に分かるように説明する

・親の反対する理由を聞き入れ、そこから不安要素を探り、それを解決する答えを用意する

・自分の意見だけを通そうとするのではなく、親の意見を受け止めたうえで説得する

・1:2は説得するうえで不利なので、まずは1人を説得して2:1の状況を作り、それから2人目を説得する

 

ということでしたね。

 

皆さんのご家庭には
それぞれ事情があると思いますが、
美大に行きたいという本気の思いがあるなら、
是非ご両親にその気持ちを伝えてください!

良い結果が出るよう期待しています!

 

それでは以上となります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント