【ムサビ対策】油絵科の「自由に描きなさい」という課題が苦手な方へ

油画科のこと

どうも、@Shunです。

今回はムサビ油絵科の入試でよく出される
「自由に描きなさい」という課題が苦手な方へ向けて、
克服するための方法を紹介していきます。

 

なぜこのテーマにしたかというと、
僕自身が受験生だったころ、
自由に描きなさいと言われても、
「どう描けばよいか分からない」
といった経験をしたからです。

 

たぶん同じ悩みをもつ受験生がもいると思うので、
僕が受験や美大での経験を通して考えたことを、
皆さんに伝えていこうと思います。

 

ただ、これをやっておけば大丈夫というわけではなく、
あくまでも自分なりの表現を見つけるまでの過程として参考にしてください。

まずはコレを試してほしい。

答えはこれだけではないと思いますが、
僕が考えるものの1つとして、

「今後、自分が作りたい作品テーマを決め、
課題のモチーフと組み合わせる」

という方法があります。

この方法を取るメリットとしては、
自分のテーマに沿って描いていくので、
迷うことが減るという点です。

 

では、テーマを決めていくために
何をすれば良いのかというと、

・自分の好きなもの

・興味、関心のあるもの

・好きな絵画表現

などを出来るだけ多く見つけておくことです。

 

例えばですが、、、

・実際の明度よりも暗くして描くのが好き

・実際のモチーフと違う色で描くのが好き

・反射を描くのが好き

・頭で想像したものを描くのが好き

・植物が好き

・神話に興味がある

・人の心理に興味がある

・図形に興味がある

・点描で表現する

・写実的に描く

・ペインティングナイフで描く

。ぼかしをいれる

 

などなど、いろいろあると思います。

 

これらはスマホのメモ帳などに箇条書きをして、
思いついたらすぐに書き足していきましょう。

そうすることで、
「自由に描きなさい」という課題が出ても、
自分の作品テーマと課題を組み合わせることが出来るので、
描くものがある程度決まっている状態になり、
どうしよう?と迷うことがなくなります。

 

自由に描きなさいという課題が出るワケ。

ではなぜ、「自由に描きなさい」という課題が出るのか考えたときに、
受験生が課題にしばられていない状況の中で、
モチーフをどのように表現するか見るためだと僕は思います。

この「課題にしばられていない状態」は、
大学に入って本格的に作品を制作していくうえで、
とても重要になってくる部分です。

 

というのも、大学でも決めらた課題は出ますが、
自由制作をするときや卒業したあとは、
自分自身で作品のテーマを決めていくことになります。

そのため、大学は皆さんが入学したあと、
どんなテーマで作品を制作していきたいのか、
という部分を知りたいと思っているわけです。

逆に皆さんが先生の立場になって考えたときに、
大学に入ってから何をしたいか全く決めていない人よりも、
目標がしっかりとしていて、
美術に対して意欲的な人を合格させたいと思うはずです。

 

こういった理由が推測できるので、
この課題が苦手な方は、
自分の作品のテーマを見つけておくと良いです!

 

僕はこうして自由に描けるようになった。

ここからは僕の経験談になりますが、
もともとはモチーフをそっくりそのまま
描くことしか出来なかったので、
6時間で描いただけの上手くない
写実絵画にしかならなかったんですよ。

なので、オリジナリティーもなく、
全く面白みのない絵になっていました。

それに構図を決めるのも下手だったので、
評価もかなり低かったです、、、

 

もし写実的な絵でいきたい場合、
描くスピードがすごく速くて、
細部まで手が回るならそれで良いです。

実際に、浪人生の中には描くスピードが
めちゃくちゃ速い人もいるので、
そういった方は写実をテーマにするのもアリだと思います。

 

ですが多くの場合、
リアルに描こうとすると時間がかかるので、
試験では細部まで描き込むことが
ほとんど出来ません。

とくに現役生。

僕自身、もとから描くのが遅かったことに加え、
受験で初めて油絵具を使ったいうこともあり、
完成しないまま講評を迎える日々が続いていました。

 

当然このままいくと、
現役合格なんて絶対にムリだと思ったので、
どうにかにして自分の作品に
オリジナリティーを出したいと考えたんですよ。

 

やっぱり、美大受験は自分がどういう人物なのか
(どんな感性をもっているのか、どんな作品を作っているのか)を問われているので、
改めて自分の好きなモノや
興味・関心のあることって
なんだろうと思い返してみました。

すると、予備校でいろいろなモチーフを描いているうちに、
自分はモノが重なり合ってるところを描くのが
好きということに気付いたんですよ。

その中でも紙のように薄いものが、
何層にも重なり合っているのを見ると
イイなぁと惹かれるし、描きたくなります。笑

 

なので、モチーフをそのまま描くことをやめ、
重なり合うようにデフォルメした構図を考えて、
「自分の好きなモノ+課題モチーフ」を描くようにしてみたんですね。

その結果、最初は思い通りに描くことが出来ませんでしたが、
何度も試行錯誤をくり返していくうちに、
自分の理想とする作品を描けるようになっていきました。

 

とまぁ、僕はこんな感じで
「自由に描きなさい」という苦手だった課題を、
克服することが出来たよという話でした。

最後に

いかがだったでしょうか?

自由に描きなさいという課題が出たときに、
まだ自分なりの答えが出せないというなり方は、
ぜひ試してみてください!

しかし、全員がこの方法で上手くいくとも限らないので、
あくまで1つの方法として参考にしてもらればなと思います。

 

というわけで今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた次回の記事で!

コメント